鳥羽商船同窓会ホームページ

〒517-8501 三重県鳥羽市池上町1-1 鳥羽商船高等専門学校内事務局

2023年02月07日(火) 母校学生 グランプリ受賞

「観光甲子園2022」決勝大会

母校学生「空飛ぶクルマ部門」にてグランプリ受賞

新聞に掲載されましたので記事をご紹介します。

永いコロナ禍中の学生生活ですが、「withコロナ」で母校学生たちは多方面のコンテストで活躍しています。

同窓会はこれからも応援しています。


2/6 中日新聞朝刊

2023年02月04日(土) 保護中: 南寮、北寮時代の思い出

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2023年02月03日(金) YouTube ”とある男” 葉一さん 母校取材!


チャンネル登録者数187万人 のYouTubeチャンネル

       とある男が授業をしてみた」

    で有名な ”葉一(はいち)さん” が 来校され、母校を取材くださいました。

YouTubeチャンネル 「とある男が授業をしてみた」では、

小学生、中学生、高校生を対象にオンライン授業がとてもわかりやすく投稿されていて、

お世話になった母校学生もたくさんいるようです。

今回は、故郷の海を愛する会からのご縁で取材頂くことになり、

故郷の海を愛する会 ”会長” と ”うみさん” が当日の撮影を密着取材されています。

*密着取材の様子はブログで詳しく紹介されています* ⇩⇩⇩

故郷の海を愛する会Blog

*母校練習船鳥羽丸のfacebookの投稿も併せて紹介いたします* ⇩⇩⇩

練習船鳥羽丸facebook | Toba-shi Mie

2023年01月17日(火) ご案内 第6回高専・海事教育フォーラム

母校  総務課企画・地域連携係 よりご案内です。

令和5年2月10日(金)に神戸国際会議場にて第6回高専・海事教育フォーラムを実施いたします。
こちらのフォーラムは商船系高等専門学校の取組と、その成果について海事関連企業や海事教育機関等に広くご紹介させていただく予定です。

ご興味ある方は、以下URLもしくは添付チラシのQRコードから1月20日(金)までにお申込みいただきますようお願いいたします。

 

第6回 高専・海事教育フォーラム 参加申込フォーム








*****************************************
独立行政法人国立高等専門学校機構
鳥羽商船高等専門学校
 総務課企画・地域連携係
〒517-8501
 三重県鳥羽市池上町1番1号
tel 0599-25-8402  fax 0599-25-8026
E-Mail  soumu-kikaku@toba-cmt.ac.jp
*****************************************

2023年01月17日(火) 88期会・古希の同期会

去る12月3日(土)に、鳥羽の安楽島にある花真珠に於いて、88期会・古希の同期会を行った。我々同期は、5年ごとに場所を変えて同期会を開催している。前回は二見で行い、次は大阪でとなり、大阪出身の村木と小生が幹事となった。しかし、2前に発生したコロナの状況をみると、どうしたものかと悩んでいたが数人のメンバー(大倉・山口、横井、水野、江尻)が発起人になり、開催地を感染者が大阪より少ない鳥羽に変更して、9月に開催を決定した。今回は古希という節目なので、昭和43年入学同期の人達を対象に呼びかけることにした。時間があれば往復はがきで案内を出すところだが、皆で手分けして、電話・ラインで連絡をとった。N・E合わせて88名(物故者11名除く)の内70名と連絡が取れた。その結果、42名の参加連絡があったが、開催直前に持病の悪化やコロナ濃厚接触等の為欠席者5名になり、最終的に37名+奥様2名の39名の出席者となった。ゲストとして同期である菅沼同窓会会長の要望もあり、来る3年後の創基150年・同窓会設立100周年、新練習船竣工の三つ慶事を学校と協力して成功させるため、学校長の和泉充校長を迎えた。又、奇遇にも物故者のお孫さんが姉妹で在学生としておられたので、親子3名も招待し46名で開催した。15時頃から受付を始め、最近会った友はわかっても、数十年ぶり、中には卒業以来という友もいた為、顔を合わしても暫くわからなかったが名前を聞いてわかり、すぐに打ち解けた。

暫く温泉入浴や歓談してもらい、17時45分ごろから記念撮影をし、物故者の黙祷、現在闘病中の同期の近況の後、菅沼会長の挨拶、塚田の和泉学校長への激励スピーチ、横井の作詞作曲の【和泉学校長に贈る歌】の披露、続いて和泉学校長のスピーチ。ご自分の経歴及び現在の学校の状況と激励スピーチ、贈る歌について感謝の言葉を述べられた。食事の前の乾杯は、難病を克服してリハビリ中であるにも関わらず出席してくれた阪田がやってくれた。宴会が始まり、各々和気藹々と食事・歓談をした。余興としてカラオケや、校歌・古希の歌(横井作成)、古希ん和歌集の発表、また入学時の白菊南寮時の部屋名を各自思い出して書いてもらったが、完成には至らなかった。やっぱり54年は立ち過ぎかな?中締めの前に江尻から、絵の得意な竹島に慶事の絵を描くよう皆に前で依頼し、その絵に横井の詩を書くということで決まり、完成後学校に寄贈することになった。中締めは、現在も創業した会社で会長として、頑張っている中川がやってくれた。3年後の慶事を成功させる為、同期の協力を依頼した。又、次回の幹事を谷村・藤田及び、開催地は東京に満場一致で決定して、21時に終了し散会した。散会後は幹事の部屋で有志が集まり、駄弁りを深夜までした。又、大倉が皆に依頼して撮った写真をアルバムにしてくれて、後日参加者に送った。届いた仲間から感謝の連絡あったことを付け加えておく。


令和4年12月25日 記:神子 功

 <写真の名前>

後列:山崎,横井,田中,村木,内山,宮地,大橋,平田,谷村N,古屋,片寄,大澤E,岡崎,森下,江尻,中井子女

中列:神子 ,和田,鹿野,久米,阪田,水野,山口,太田正巳,竹島,鈴木,伊藤N,核,橋本,中川鬼澤,大倉

前列:水野奥方,藤田,塚田,菅沼,和泉学校長,野村,原,太田正,江尻奥方