鳥羽商船同窓会ホームページ

〒517-8501 三重県鳥羽市池上町1-1 鳥羽商船高等専門学校内事務局

2022年06月28日(火) 鳥羽商船同窓会 理事会・総会・懇親会 3年ぶりに開催

6月12日(日)快晴の元、母校にて3年ぶりに開催しました。

長引くコロナ禍ではありましたが、With Coronaの中、感染予防に注意しながら開催しました。

各会の出席数は、理事会25名、総会54名、懇親会61名で、計63名の同窓の皆様に参加していただきました。

総会の承認と決議事項については、秋の同窓会報において皆様に周知させていただきます。

懇親会の来賓には、鳥羽市選出の野村県議、伊勢市選出の同窓でもある廣県議、鳥羽市小竹教育長、母校からは和泉校長、伊藤副校長、坂牧副校長、小林事務部長、窪田学科長、鈴木主任、同窓の母校教職員からは齊心(H1N)、出江(H3M)、江崎(H4M)、山野(H10E)、小島(H14N)、中井(H16I)、山口(H20M)の皆様。学生会、寮生会から8名の若い後輩に参加していただきました。

校長から、3年後の母校創基150周年に同窓会からの多額の寄付の謝礼と、令和7年に新練習船の就航も予定されており、同窓会創立100周年の式典と共に催したいとのお話がありました。

懇親会のアトラクションは、140周年記念船歌集『想い出の鳥羽商船』の作成に協力戴いた笠井幹夫さん主宰の伊勢音楽劇場の皆様に懐かしい歌声を披露して頂きました。船歌・校歌等 DVDに写された写真と歌詞を見ながら郷愁に浸り、きれいな歌声を充分堪能し、感動のひと時を終えました。

最後は来年開催地、東日本支部、水野支部長の万歳三唱で締めくくりました。

理事会・総会会場での様子
場所:母校メディアルーム

戦没者慰霊祭の様子
場所:母校百周年記念館前

懇親会の様子
場所:鳥羽国際ホテル


来年は東日本支部担当で、東京開催です
水野東日本支部長の万歳三唱

2022年04月22日(金) 本年度 総会のご案内

 4月19日同窓会総会案内を住所判明している約3500名の同窓会員に送りました。

今年の総会は3年ぶりに対面で母校鳥羽で6月12日に開催いたします。

コロナ対策は十分行ったうえで開催しますが、今後感染状況が悪化し、やむなく中止になった場合は このホームページで全員に周知させていただきます。

 

送付作業参加協力者

漆山順三S29N、武部二三男S38N、三井建次S43E、武田雄三S44N、竹内大助S44E、江崎隆夫S44E
濱地安実S47E 、山口伸輔S48N奥さん、木下勝S49E、西山明S50E、 高木宏明S52E、畑辰幸S51N
上村健太S63E、在校生西山琳・紫 母子、事務局糸川H16I

    以上の皆さんです。

    ありがとうございました。

学生さんが昼休みに手伝いに来てくれました

来週初めには皆様に届くと思いますが、このHP投稿をご覧の方で届いてない人は同窓会に連絡先をご連絡ください。よろしくお願いします。

事務局

   

   

2022年03月29日(火) 令和三年度 M,I,専攻科 卒業式

令和4年3月19日(土)

第33回 電子機械工学科、第30回 制御情報工学科卒業式

第16回 専攻科(生産システム工学科)の修了式が挙行されました。

今回もコロナ禍中、例年より大幅に縮小されましたが、3年ぶりに来費が招待されました。同窓会からは菅沼同窓会長が出席し、卒業生に向けて熱い祝辞を贈りました。

式の様子は別室で待機の保護者、在校生、そして自宅などへライブ配信され式の様子を見学されました。

コロナのせいで精一杯楽しめなかった学生生活であったかもしれませんが、この経験が社会へ出てもいつかは役立つことがあると思います。

ガンバレ・・若鳥たち・・大きく社会へ飛び立て‥

卒業生の進路は電子機械工学科37名中、就職27名、進学10名。
制御情報工学科卒業生46名中、就職34名、進学12名。
専攻科就職10名で今年も全員の進路が決定しました。

我が母校は工業系、商船系に求人の応募社は550社近くを数え、企業からも人気の学校です。

同窓会も君たちを応援します。

困った時があれば同窓会へも相談してください。

同窓会は君たちを待っています。

校長から式辞

同窓会長 祝辞


2022年02月25日(金) 母校学生コンテストで「選考委員特別賞」 受賞

大西彰夫先輩(S36N)から 母校学生が掲載された新聞記事の提供を頂きましたのでご紹介いたします。

2月22日朝日新聞・三重版 に、母校学生 二組が「選考委員特別賞」を

受賞したとの記事が掲載されました。

開発したのは、

情報機械システム、制御情報工学科の1~5年生 6人が開発した “四季探偵AI−アイー”

同学科の3~5年生6人が開発した “クラウドくんとこよみちゃん”

昨今のコロナウィルスにも負けない学生に、益々の活躍を期待しています。