鳥羽商船同窓会ホームページ

〒517-8501 三重県鳥羽市池上町1-1 鳥羽商船高等専門学校内事務局

「会員の投稿」ページの投稿方法が2018年10月より変更となりました。

同窓会メールアドレスにメールにて投稿下さい。

メールアドレス : info@tobashousen-dousoukai.com

 

  1. メールの件名は、「同窓会HP会員投稿」としてください。
  2. 本文に、
    • 投稿者氏名(この名前で投稿を公開します)
    • タイトル
    • 本文
    • (任意)添付ファイル
  3. 以下の点にだけご注意いただきますようお願いいたします。
    • 法令等に違反するもの又はそのおそれのあるもの
    • 公序良俗に反するもの又はそのおそれのあるもの
    • 人権侵害となるもの又はそのおそれのあるもの
    • 政治性・宗教性のあるもの
    • 社会問題その他についての主義又は主張にあたるもの
    • 当該広告事業の内容を、鳥羽商船同窓会が推奨しているかのような誤解を与えるおそれのあるもの
    • 誇大又は虚偽のおそれのあるもの
    • 社会的批判を招く恐れのあるもの
    • 教育的又は健康的な配慮が必要なもの
    • 青少年の健全育成にとって有害であるもの又はそのおそれのあるもの
    • 第三者の著作権、財産権、プライバシー等を侵害するおそれのあるもの
    • 第三者を誹謗し、中傷し若しくは排斥するもの又はそのおそれのあるもの
    • このほか掲載する記事として妥当でないと認められるものは掲載できません
  4. 添付ファイルの注意
    • 添付画像のファイル容量は32メガバイトまで可能ですが、大きすぎるものは事務局で調整させて頂きます
    • 添付できるファイルは「jpg,  gif, doc, docx, 3gpp, wmv, avi, mov」です
    • 大きなサイズのファイルを投稿するときに時間がかかることがあります
    • 動画ファイルは対応した再生ソフトが入っていなければ再生できません
    • ファイルサイズが大きな動画はクリックしてから再生されるまで時間がかかることがあります
    • 動画ファイルの再生は一度手元に保存(*してから再生するとスムーズです

* リンクを右クリックし,【名前をつけて保存】または【対象をファイルに保存】などを選択してください

2019年04月26日(金) 「GRACE POSEIDON」航海記

皆様にはお変わりないことと存じます。
今回は「
GRACE POSEIDON」と言う船の航海記です、穏やかな良い航海でした。
マカッサルのホテルから送信しています。

お知り合いで海や船に興味がある方に閲覧して頂ければ幸いです。

*海や船を多くの人に好きになってもらいたいと思って配信しています。よろしくお願いします。

「GRACE POSEIDON」航海記

 

S35N 辻野 圏輔

2019年04月12日(金) S55N卒 同窓会

5回目の年男。

 

2019年1月12日、13日、S55N同期で、還暦祝いを兼ね、卒業以来10回目の定期同期会を実施した。我々の同期会は3年毎に関東、中部、関西で持ち回り制となっており、今回は中部が幹事。一緒に卒業できなかった者、卒業以来初参加の者、先に還暦を迎えた者もいるが、関東組6名、中部組7名、関西組8名、総勢21名の参加となった。

場所は知多半島河和駅から高速フェリーで約30分の篠島の南風荘。
(南風はH12守屋英孝氏の同級生の実家である。)

フェリーの船窓からは神島も見えるし、第2の故郷である鳥羽も覗える。料理は河豚を始め伊勢湾の豊富な海の幸を堪能した。

学生時代には60歳は老人だと思っていたし、当時の会社であれば定年は55才が普通だった。今は定年が伸びたと言え、還暦はやはり人生のターニングポイントで、そこから余生を全うするのだろうと考えていた。2017年には60歳以上の就業者数は1,328万人となり過去最高である。我々の時代は簡単には引退できない運命になっているようだ。

入学時は紅顔可憐だった美少年も、皆何処から見てもりっぱな爺になった。しかし学生時代の話に盛り上がると、いつまでたってもその顔は学生時代の若々しい顔とラップするから面白い。コンサート帰りに近鉄伊勢駅のホームで、偶然見た岡田奈々は清廉潔白な天使のようだったし、山口百恵の主演映画である「潮騒」は何度も見た。彼女たちは同い年だ。若い時の記憶はついこの間のようで、決して消えないのである。

入学時は第一次オイルショック、卒後時は第2次オイルショック。決して就職活動は順調とは言えなかったが、殆どが大なり小なり船員の道へ進むことができた。しかしその後の船社の淘汰はご存知の通り。殆どの同期生は転職組だ。現在の職種は水先人、船舶管理会社、海保、水上警察、港管理組合、港湾物流企業、変わり種では、建築会社の設計、ソフト開発、インテリアデザイナー等。

入学当時の夢は船員になる事、船長になる事。今の自分を想像した者は果たして何人いただろうか。現在も一人を除き皆現役、それぞれ人生の岐路に立っては昭和、平成の時代をしぶとく、逞しく、生き抜いて来たものばかり。転職組の話は非常に興味深く新鮮で面白い。 其れなりに60年生きてきた証でもあり、歴史で有る。

実は浩宮皇太子は同級生である。5月1日には年号が変わり新しい時代に入るが、さて5回目はどんな年になるのだろうか、米中貿易戦争の結果次第といったところだろうか。英国の迷走は何処へ行き着くのか。

息子として、夫として、父親として、会社人としてそれぞれ色々な立場を持っている。それなりに60年間の人生で残してきたもの有るか、これから家族や社会に残せるものは有るのか。

また3年後のみんなの元気な姿を見ることが楽しみで仕方ない。

最後の2名になるまでは継続することを誓い合った同期会であった。

 

投稿:S55N卒業 浅野 清

記:平成31年1月20日

2018年10月19日(金) 80期クラス会開催

いつもオリンピックイヤーそれも開会日合わせ集まっていたが、今回は2年後のオリンピックまで待てないという事で先の東京オリンピックの開会式の日にちに合わせ10月10日に集合しました。

昭和39年秋長期の海上実習を終え母校に帰った仲間で慰労の会を開いた。当時の日本社会は東京オリンピックの競技に熱狂しておりそのテーマ曲の歌詞・・・・「4年たったらまた会いましょう」にちなみ、4年ごとのオリンピック開催年に集まろうとの声が慰労会の席であがり、以降夏季オリンピック開催年毎に集い半世紀を超え継続している。

近年は現役をリタイアーした仲間も多く時間にも余裕が出てきたため4年にこだわらず2年ごとの集合となっている。また、会場も磯部、箱根、名古屋等で開催してみたが結局は鳥羽の地に落ち着いた。

今年の会場は前回同様懐かしい鳥羽港を見下ろすホテルとなった。会を重ねるごとに参加者が減るのは寂しいが、旧友との情報交換や学生時代の昔話しは楽しいもので、今回は12名の仲間が駆けつけ会を盛り上げてくれた。

翌日は有志でホテル近くの青峯山の古刹正福寺を訪れ59期生の戦没者慰霊碑を参拝し、雨上がりの境内を散策し帰路に着いた。

参加者  井上、上野、武部、田中(忠)、中村、

岩田、清水、藤間、富久田、濱口、原、水谷

会 場  鳥羽シーサイドホテル

開催日  平成30年10月10日

            幹事  岩田  記