鳥羽商船同窓会ホームページ

〒517-8501 三重県鳥羽市池上町1-1 鳥羽商船高等専門学校内事務局

2020年01月31日(金) 令和2年1月 西日本支部新年会

鳥羽商船西日本支部の皆さん、寒中お見舞い申し上げます。

 

去る1月18日18時に福岡天神の花万葉で、有志による新年会を開催しました。今年で3回目になります。参加者は、三角さん(S32E卒)、福岡さん(S33N卒)、佐野さん(S33E卒)、加藤さん(S35E卒)、中野さん(S41N卒)、神子(S48E卒)、河本さん(S51N卒)の7名でした。昨年参加された山下さん(S41E卒)、柴田さん(S56E卒)は、所用の為欠席となりました。又、野村さん(S42N卒)は、病気の為欠席となりました。

冒頭、中野支部長から2年後に鳥羽商船創立140周年を迎えるにあたって、同窓会として記念行事を開催の計画あると説明。本来、節目の150年の計画であったのですが、現在の事務局及び全寮制を経験している卒業生の高齢化、又、昨年皇太子殿下の本校行啓の名誉等を鑑みて、菅沼会長より提案があったとの話でした。最年長参加の三角さんの乾杯の元、懇親会は始まりました。昨年、佐野さんの奥様が逝去され参加されるか心配しましたが、元気な姿で安心しました。廻りの方から寂しいでしょうと聞かれても思ったより寂しくないと話されましたが、そこは強がりを言われていると思いました。三角さんから、西日本支部の同窓会活動に尽力された山田さん(S44E卒)の話を聞き懐かしく思いました。

 

最後に今年の西日本支部総会を3月28日(土)に下関の海峡ビューホテルでの再会を約束して、20時半に散会しました。西日本支部の方々の追って案内を送りますが、支部総会の出席の検討、ぜひよろしくお願いします。

 

令和2年1月28日

記 神子 功

2020年01月07日(火) 新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年の同窓会総会は、6月7日日曜日です。

東京外国人記者クラブ THE MAIN BAR(ザメインバー)
(千代田区丸の内 丸の内二重橋ビル五階)で開催です。

皆様、多数の御参加を期待しています。

事務局

                                                                                    

2019年12月24日(火) 商船高専五校に練習船の新造計画

商船高専五校の練習船新造計画の調査費として、20年度予算に1000万円が予算計上されます。

読売新聞の記事によれば、21年度から26年度にかけて建造されるようです。

海国日本バンザイです。

「ものづくり」に対応した人材を育成するための予算や老朽化した校舎や学生寮を改修する
予算なども計上されました。

2019年12月20日(金) 故郷の海を愛する会イベント4終了

12月14日(土)母校の全面協力の元、NPO法人 故郷の海を愛する会、今年4回目のイベントが実施されました。

好天にも恵まれ、小中学生54名の参加と同窓生と教官、学生のボランティア総数50名協力を得て無事終了しました。詳細は添付ファイルをご覧ください。

2019活動その④

2019年11月22日(金) 「アサギマダラを呼ぶ」プロジェクト

同窓会伊勢志摩支部では、来年の秋には母校の近藤真琴記念碑近辺にフジバカマの花を咲かせ、 アサギマダラを呼ぼうと計画しています。

アサギマダラ (Parantica sita niphonica)はタテハチョウ科マダラチョウ亜科に属し、前羽が4~6センチほどの大きさで、羽を広げると10センチ前後になります。黒と褐色の模様と、ステンドグラスの如き透けるような薄い浅葱(あさぎ)色の斑(まだら)紋様の羽を持っています。胸にも特徴ある斑模様があり、これが名前の由来です。

私たちがアサギマダラを知るきっかけかけとなったのは、数年前に「故郷の海を愛する会」が企画したイベントで神島を訪ね、アサギマダラ(蝶)の飛来を知った。この小さな蝶が夏を過ごした中部の高山から、秋の訪れと共に南下する。その一部が渥美半島から伊良子水道を越え神島に飛来、鳥羽、和歌山へ、そしてさらに南へ。沖縄、台湾、終には香港まで飛んで行った記録があることを知った。驚異の飛翔アサギマダラの神秘なんと夢のある事か、ロマンを駆り立てられた。

一昨年の7月には鳥羽市民文化会館大ホールにて「攻玉伝」が上演された。校祖近藤真琴物語である。脚本は塩野明俊氏(96期)が手掛け在校生が演じた。物語の一場面に日和山でアサギマダラを見て、この蝶のように海を越え海外へ飛躍する人材を育てようそう決意する場面である。

商船学科の卒業式は9月末である。丁度この時期アサギマダラが麓に降り南下し始め南の海を目指す。卒業生も母校を巣立ち大海原に飛翔する。そんな蝶を近藤真琴記念碑近辺に呼びたいと計画しています。

沖縄では、蝶は魂を運んでくる魂の化身と言われています。記念碑の側に同窓生の慰霊碑がある。私たちの同窓生は全国に散らばっています。北から南から何時かその魂をこの蝶が母校に運んでくれそうな気がします。

今年3月30株の藤袴を譲り受け100株に増やした。試験的に植えた花畑に延べ54頭(蝶は頭と数える)が飛来した。来年はこの「アサギマダラを呼ぶ」プロジェクトを実現させたい。

同窓生、母校関係者、学生諸君のご協力をお願いします。

同窓会伊勢志摩支部長 三井健次(85期)