鳥羽商船同窓会ホームページ

〒517-8501 三重県鳥羽市池上町1-1 鳥羽商船高等専門学校内事務局

2019年11月01日(金) 令和元年海学祭が開催されました

10月27日(日)母校鳥羽商船高専において第54回海学祭が開催されました。

母校高専昇格前年の昭和42年が第1回で筆者が1年生の時で時代は大きく変わりましたが学生たちの熱気は今と変わらず青春時代を彷彿させます。

同窓会伊勢志摩支部も海学祭に参加し、長老庵というブースを出店し今年で11年になりました。

当初は関東で著名なそば店を経営していた同窓先輩手作りの、本格。日本そばを提供して人気を博していました。

近年はお餅の磯辺焼き、ぜんざい、本格コーヒーとメニューも様変わりしましたが今年も同窓会伊勢志摩支部の有志と奥様方の協力を得て完売し、売り上げを同窓会に寄付いたしました。資料室も多くの方に訪れていただきました。

 

前日の土曜には学生たちに同窓会から恒例の報奨金と課外活動支援金の授与式を行いました。

今年は報奨金が7万円、課外活動支援金が25万円。10のクラブ、個人、研究室に支給されました。

同窓会費は仲間同士の親睦、交流と共に母校の発展にも寄与する目的で使用されている事実を同窓生皆様全員にご認識していただきたいと思います。

 

 

 

2019年11月01日(金) 渡りチョウ アサギマダラ新聞掲載されました

夕刊三重新聞社発行の10月16日「夕刊三重」にて、渡りチョウのアサギマダラの情報が掲載されました。

古川 昭一氏(S30E)より情報提供をいただきましたので皆様もご覧ください。

また、三井建次伊勢志摩支部長(S43E)もアサギマダラを呼ぼうと、自宅にフジバカマを植え、毎日観察されているようです。先日の海学祭では百周年記念館にて、プランターや鉢でフジバカマを展示しました。後日、三井支部長より投稿がございますので、楽しみにしていてください。

2019年10月27日(日) 10月26日新聞記事 母校学生掲載

アプリの学生コンテストにて、最優秀賞を受賞しましたので紹介します。

 

2019年10月27日(日) 10月20日新聞記事 母校学生掲載

母校学生の活躍が中日新聞の伊勢志摩版に掲載されましたので紹介します。

2019年10月18日(金) 三重県職員(航海士)(機関士)の募集

航海士・機関士 それぞれ約2名のおうぼを行います。

 

〇三重県職員(航海士)の募集

<職種>

航海士

<採用予定人数>

約2名

<職務内容>

漁業調査船や漁業取締船において、漁業調査業務や漁業取締役業務を行う。

<受験資格・年齢免許等>

昭和60年4月2日以降に生まれた人

5級海技士(航海)以上の免許及び 2級小型船舶操縦士以上の免許を 有する人 (いずれも令和2年4月1 日までに取得見込みの人を含む。 )

詳細はこちらから

 

〇三重県職員(機関士)の募集

<職種>

機関士

<採用予定人数>

約2名

<職務内容>

漁業調査船や漁業取締船において、漁業調査業務や漁業取締役業務を行う。

<受験資格・年齢免許等>

昭和60年4月2日以降に生まれた人

4級海技士(機関)以上の免許及 び2級小型船舶操縦士以上の免 許を有する人(いずれも令和2年 4月1日までに取得見込みの人を 含む。)

詳細はこちらから

 

〇両求人共通事項

<連絡先>

三重県農林水産部 農林水産総務課

人材育成班 担当 西田、寺沢

電話 059-224-2511