鳥羽商船同窓会ホームページ

〒517-8501 三重県鳥羽市池上町1-1 鳥羽商船高等専門学校内事務局

2019年10月27日(日) 10月26日新聞記事 母校学生掲載

アプリの学生コンテストにて、最優秀賞を受賞しましたので紹介します。

 

2019年10月27日(日) 10月20日新聞記事 母校学生掲載

母校学生の活躍が中日新聞の伊勢志摩版に掲載されましたので紹介します。

2019年10月18日(金) 10月17日新聞記事 母校学生掲載

母校学生が新聞記事に紹介されました。

益々の活躍を期待しています。

2019年10月10日(木) 10月8日新聞記事 母校学生掲載

母校学生が新聞記事に紹介されました。

2019年10月08日(火) 菅沼会長講話 攻玉社中学・高校にて

10月4日(攻玉社 近藤先生墓前祭)

10月5日(攻玉社学園にて1500名前で講話20分)

 

10月4日5日と攻玉社学園からの依頼を受け、東日本支部.福山支部長と共に4日の近藤真琴先生の墓前祭への参列、5日は1500名生徒の前で20分間、講話をして参りました。

4日の墓前祭は青山墓地にて、学校、同窓会関係者、生徒と共に墓前にて両校の発展を祈念させて頂きました。

翌5日は、学園運動場に中学、高校生徒の面前にて登壇し、校祖が同じであるのにもかかわらず今迄、弟校である我が校の非礼を詫びた上で鳥羽における近藤先生の建学の思いを悟り明治から伝承されております生徒規箴(セイトキシン)と船乗りのモットーを自分が入学した当時に教えられたように、大きな声で早口で発したところ、全員から大きな拍手が起り面目躍如でした。

皆様に今後いずれ也に社会で両校の卒業生が出会った折、「君は鳥羽か、私は攻玉社だ」
といえるような関係を築いていく覚悟をのべ、下壇した次第です。

今まで全くと言っていい程交流がなかった両校が共に手を携えることにより「1+1」が「3」になるよう会長として職務を果たして参る所存です。

 

以上報告迄

会長 菅沼延之